株式会社 藤翔

 

 

ロゴ解説

その昔、清里工場の先に位置する坊ケ池には龍にまつわる伝説がありました。また、本社を置く今池付近にも龍の伝説があったそうです。また、この地にゆかりの深い上杉謙信公は、越後の龍などと呼ばれていました。龍神伝説は、この地にとって切っても切れない守り神なのかもしれません。また、中国の伝説によると水の中からあらわれる龍は、人間の世界に幸運をもたらす縁起の良いものだとされているそうです。まさに弊社の創始者である会長:藤田一枝の姿とオーバーラップさせられます。そういった符号点をモチーフにTOSYOUのSを坊ケ池(泉)から立ち昇る龍のイメージで図案化しました。

更に企業理念に掲げた、「お客様の笑顔(Smile)と幸せ(Shiawase)を創る」という目的もSというロゴで表現しています。

また、泉の波紋をイメージした輪で文字を囲むことで、組織の結束を表現しています。

文字体は、力強さとエッジの利いたデザインを施し、ひとづくり・ものづくり・こころづくりの在り方を表現しています。